忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「今こそ素行の教えを」石平氏講演

 2021年10月11日 
山鹿素行の功績について語る石平氏
 江戸時代の思想家、山鹿素行(やまが・そこう)の生誕400年記念講演会が10日、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールであり、評論家の石平氏(59)が「赤穂で活躍した思想の巨人 山鹿素行についてー」と題して講演した。

 素行(1622―85)は若くして儒学、甲州流軍学、国学など幅広い教養を修め、31歳から8年間、赤穂藩主・浅野長直に兵法師範として召し抱えられた。赤穂藩を辞した後、著書の内容が朱子学批判と幕府にとがめられ、1666年(寛文6)に赤穂へ配流。赦免されて江戸に戻るまでの約9年間を赤穂で過ごし、大石内蔵助をはじめ藩士も教えを受けたとされる。赤穂滞在中に著した代表的著書『中朝事実』は後に吉田松陰にも影響を与えたといわれている。

 講演会は赤穂山鹿素行研究会(飯尾義明会長)が赤穂市制施行70周年記念協賛事業として主催。著書『日本の心をつくった12人』で「山鹿素行こそが日本における儒学再生の最大の功労者」と評価する石氏を講師に招いた。

 石氏は講演で、「素行は赤穂に流されたことによって、わずらわしさから解放され、学問の探究に専念できた。赤穂での9年間で素行は『思想の巨人』に成長した」と述べた。『中朝事実』の主旨を「日本こそが本物の中華という素行流の日本中心主義を打ち出した」と解説。「日本人は日本の自信を取り戻すために、今こそ素行の教えを学ばなければならない」と語った。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合