赤穂民報

メニュー 検索

「今こそ素行の教えを」石平氏講演

2021年10月11日

  • 山鹿素行の功績について語る石平氏

    山鹿素行の功績について語る石平氏

 江戸時代の思想家、山鹿素行(やまが・そこう)の生誕400年記念講演会が10日、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールであり、評論家の石平氏(59)が「赤穂で活躍した思想の巨人 山鹿素行についてー」と題して講演した。

 素行(1622―85)は若くして儒学、甲州流軍学、国学など幅広い教養を修め、31歳から8年間、赤穂藩主・浅野長直に兵法師範として召し抱えられた。赤穂藩を辞した後、著書の内容が朱子学批判と幕府にとがめられ、1666年(寛文6)に赤穂へ配流。赦免されて江戸に戻るまでの約9年間を赤穂で過ごし、大石内蔵助をはじめ藩士も教えを受けたとされる。赤穂滞在中に著した代表的著書『中朝事実』は後に吉田松陰にも影響を与えたといわれている。

 講演会は赤穂山鹿素行研究会(飯尾義明会長)が赤穂市制施行70周年記念協賛事業として主催。著書『日本の心をつくった12人』で「山鹿素行こそが日本における儒学再生の最大の功労者」と評価する石氏を講師に招いた。

 石氏は講演で、「素行は赤穂に流されたことによって、わずらわしさから解放され、学問の探究に専念できた。赤穂での9年間で素行は『思想の巨人』に成長した」と述べた。『中朝事実』の主旨を「日本こそが本物の中華という素行流の日本中心主義を打ち出した」と解説。「日本人は日本の自信を取り戻すために、今こそ素行の教えを学ばなければならない」と語った。


文化・歴史 ]


テイクアウトカタログ

コメント

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。

取材依頼・情報提供 | 個人情報保護方針 | 著作権 | リンク | 会社概要