忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

合唱曲「赤穂の子たちへ」地元で初披露

 2021年07月29日 
地元で初披露された「わがふるさと赤穂の子たちへ」の発表会
 故郷のすばらしさを次世代に引き継いでいく願いを込めた合唱曲「わがふるさと赤穂の子たちへ」の発表会が21日、加里屋中洲の赤穂市民会館であり、2018年の曲完成から初めて地元で演奏が披露された。
 花岳寺前住職で駒澤大学名誉教授の片山一良さん(78)が作詞。元禄赤穂事件で命を失った義士らへ思いをはせつつ、「子たちはすくすく育ってほしい」「わがふるさとはここにある」などとつづった詩に共感した同寺役員の榊努さん(93)=上仮屋南=が「ふるさとへの愛着や誇りがあふれている詩文で、ぜひ歌にしたい」と関西福祉大学名誉教授の古瀬徳雄氏(72)=尼崎市=に作曲を依頼した。
 昨年12月に東京で開催された「21世紀合唱音楽祭」で初演。新型コロナの感染拡大が重なって延期になっていた地元での発表会は完成から3年の時を経て、ようやく実現した。
 この日は、元赤穂小学校音楽教諭の山中智子さん=姫路市=が主宰するコーラス同好会「すみれ会」が女声合唱。約17分間に及ぶ曲を力唱し、約60人の観客から大きな拍手を浴びた。
 指揮した山中さんは「心を一つにして歌えた。歌えば歌うほど、歌詞に込められた想いが伝わってくる。いい歌に巡り会えた」と感激を語り、榊さんは「市制70周年の記念すべきタイミングで披露できた。混声合唱でも聴いてみたい」と希望を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月31日号(2426号) 4面 (7,567,384byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合