忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・トイレのしつけはしつけの基本

 2018年10月13日 
 「トイレのしつけが人と関わる力の基礎になる」
 そう言い切るようになったのは今から25年ほど前。私が幼稚園で仕事をしていた時のことです。園児を連れて園周辺の自然の中へよく遊びに行っていました。自然の中で困るのがトイレです。幸い地域の集会所で借りることができたので、毎回お世話になっていました。
 その日も子どもたちが、1つしかないトイレを順番に使わせてもらっていました。本来ならそこで援助をするのは保育者なのですが、この日は協力者の保護者Aさんでした。Aさんはトイレの戸口で、「他所のトイレを汚さないようにね」「汚れないようにしっかり前へ行って」「汚れたらおばちゃんに言ってね」と、一人一人に優しく声を掛けておられたのです。子どもたちはおばちゃんの言う通り、いつもより慎重に用を足していました。そしてその後は、手洗い場を汚さないようにしっかり手を洗っておばちゃんに褒められました。トイレのしつけはトイレのことだけでなく、他のことにもつながっていたのです。
 私は、近くで他の子どもの対応をしていてたまたま聞いたのですが、そのような言葉が自然に口から出るAさんの素敵さと共に、人としての在り方を教えられたようで大変感動したことを今でも覚えています。
 集会所のトイレや手洗い場を汚さないように気を付ける。正に公共心そのものです。『道徳』が新小学校学習指導要領で教科として位置づけられましたが、幼児期にこのようなことを大人から伝えられた子どもは、その下地を築いているといっても過言ではないと思います。
 オーストラリアのある保育所ではトイレのドアがガラス張りになっていると聞いたことがあります。トイレを汚さないように使うことや汚れたら処置する方法を、幼い時から厳しく教えるためだそうです。これは、単なるしつけのためというより次に使う人が気持ちよく使える、つまり見えない誰かへの思いやりの気持ちを育てるためだと聞いて目から鱗でした。Aさんのあの言葉と重なったのです。
 そのようなことから私は、「トイレを汚さないように気を付けるという、見えない誰かへの思いやりこそ見返りを求めない相手を大切にする心であり、人と関わる力の基礎となる」ということを言い切るようになりました。(中道美鶴・教育学部児童教育学科教授)
   * * *
 次回は教育学部児童教育学科の小川温子准教授です。お楽しみに。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年10月13日(2296号) 3面 (9,618,158byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合