忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・自分を守る力を育む

 2018年08月25日 
 朝晩は少し過ごしやすくなりましたが、今年も非常に暑い夏となりました。毎年、夏になると、海や川、山での悲しいニュースが届きますが、今年も海や川での事故が報告されています。
 世界保健機関(WHO)の報告(Global Report on Drowning. 2014)によると、1年間に世界で37万2000人もの人々が溺死により命を失っています。すなわち、約1・5分に1人が尊い命を水辺の事故により失っていることになります。厚生統計要覧(厚生労働省)によると、我が国においても1年間に7000〜8000名もの方々が、溺死及び溺水で亡くなっており、そのうち15〜20%が、自然の水域内、もしくは自然の水域への転落による溺死及び溺水で亡くなっています。
 柵や看板などを設けることにより、水辺に近づくことを制限することは、水辺での事故を防止するための方策の一つ(回避、あるいはコントロール)です。確かに水辺に近づかなければ、水辺での事故は起こらないでしょう。しかし、それだけではなく、基本的な水泳技術や水中で呼吸を確保する方法の習得、水辺の事故防止教育の実践が大切です。
 旅行先にきれいな砂浜やプールがあるといかがですか? 入りたくなると思いませんか? Royal Life Saving National Drowning Report 2017(Royal life Saving Society-Australia)によると、2016年7月から2017年6月までにオーストラリアで発生した溺死のうち、約7%は海外旅行者であったと報告されています。
 自然を楽しむためには、まず「何が危険であるか」、「いざというときに、どのようにすればよいか」を知らなければなりません。そのことが、いざというときに自分の身を守ることにつながるからです。自然は、優しさも厳しさも持ち合わせた教材であり、先生です。自然について学びながら、自然を楽しみ、自然と親しむ中で、危機管理能力(自分を守る力)を身に付けていけるものと考えます。
 赤穂には、海、山、川など、豊かな自然が広がっています。学校、地域、家庭での教育ではもちろんのこと、この豊かな自然の中で、子どもたちにも多くのことに気付き、考え、動き、学び、「自分を守る(生きる)力」を養ってほしいと願います。(吉岡哲・教育学部保健教育学科准教授)
   * * *
 次回は教育学部保健教育学科の鈴木みちる助教です。お楽しみに!
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年8月25日(2290号) 3面 (7,246,268byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合