忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

倉敷で災害復旧支援 赤穂・相生から31人

 2018年07月22日 
猛暑の中、活動するボランティアのみなさん=赤穂市社会福祉協議会提供
 赤穂市社会福祉協議会は22日、豪雨災害が発生した岡山県倉敷市に災害救援ボランティアを派遣するための日帰りバスを運行。市民と職員の計31人が参加した。
 バスは相生市社協と合同で運行し、午前7時に中広の赤穂市総合福祉会館を出発。現地の災害ボランティアセンターで受け付けを済ませてから真備町箭田(やた)のサテライトを経由し、同町尾崎地区に活動に入った。
 同地区は先日の大雨で近くを流れる小田川がはん濫し、2階の床上まで浸水したエリア。5チームに分かれて民家や倉庫に入り、はがれた土壁や木くずなどの撤去に汗を流した。猛暑の中、20分ごとに必ず水分補給と休息を取ることを守って活動した。
 この日の同町の気温は最高35度まで上昇。現地センターはボランティアの健康を考慮し、当初の予定よりも1時間半早い午後1時半で活動を打ち切った。一行は午後4時過ぎに赤穂に無事帰着した。
 初めて災害ボランティア活動に参加した塩屋の高校1年生、井上実さん(16)は「力仕事が多いですが、ごみを分別したり、袋に入れたり、私にも出来る役割があった」と活動を振り返った。南宮町の看護師、立森美佳さんは「田んぼや畑も土砂で埋まった状態で、いつになったら復興できるんだろうと思いました」と心配そうに話し、細野町のケアマネージャー、寺村春樹さん(36)は「まずは電気、水道が復旧してほしい」と思いやった。
 市社協は「まだボランティアのニーズはあると思うので、第2便を運行する方向で検討したい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2018年7月28日(2287号) 3面 (9,249,118byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(10/15)
  • 「かんぽの宿赤穂」来年4月に事業譲渡←残念です(10/15)
  • 寝ている間にこっそり…「忍び込み」被害に注意←防犯(10/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合