忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・健康は未来へのおくりもの!(1)

 2017年08月26日 
【生活リズムと生体リズムの関係から健康を考えよう】
 夏休みも終わりに近づいてきましたが、子どもたちの毎日の生活は変わりなく過ごしているでしょうか?
 今回は、普段規則正しく時間が決まっている学校がお休みで、時間に余裕があって自由に過ごせる夏休みだからこそ曖昧になりやすい生活リズムと、その影響で体の中に刻み込まれる生体リズムについてお伝えします。
 生活リズムとは、寝て、起きて、ご飯を食べて、勉強や運動をするなどの毎日の生活習慣のことです。「朝ごはん抜き」、「昼間は部屋でごろごろ」、「夜遅くまでゲームをする」など規則正しい生活ができていない人がいるかもしれませんね。大半の人には、昼間に活動し、ご飯を食べ、夜眠るというリズムが備わっていますから、すでに頭が痛い、お腹が痛い、体がだるいなど体調が悪くなっているかもしれません。
 つぎに生体リズムとは、私たちの体の中で一定のリズムをもって繰り返されている変化・変動のことです。とくに約24時間を周期とするものをサーカディアンリズムといい、一定のリズムがみられる基本的で重要なものとしてあげられるのが体温リズムです。
 この体温リズムは小・中学生の段階までにつくられます。私たちの体温リズムは自律神経系の活動と深く結びついており、朝起きて体温が上がるとともに体や脳を活動させます。
 また、夜に向かって体温が下がるとともに体や脳は休息に向かいます。朝から日中にかけて上がり、日中から夜、早朝にかけて下がるという体温の変動には、自律神経系の活動状態が反映されている、つまり生活リズムと生体リズムが密接にかかわっているということなのです。
 健康な体をもち続けるためには生体リズムを崩さない、そのためにも生活リズムを整えるよう気をつけてください。まだまだ成長発達途中にある子どもたちです、もし、リズムが崩れても立て直しはできます。今こそ、生活リズムの確立や体温リズムの立て直しが大切です。
 そこで提案です。病気のときや、熱っぽさを感じたときに測る体温を一日数回計って記録してみませんか? 自律神経系の活動を知ることができるのです。(岡本啓子・看護学部教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年8月26日(2243号) 3面 (12,989,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合