忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・第5回―公共の可能性

 2017年03月25日 
 公共をテーマにコラムを書いてきましたが、今回(5回目)が最後となります。公共とは、みんなに関わる事柄、みんなにとって必要だから誰かがしなければならないことを意味します。
 ところが、「誰かがしなければならないこと」は「誰かがすればいいこと」であり、「自分でなくてもいい」とすり替えられてしまいます。この場合、PTAの役員や民生委員のように、「自分でなくてもいい」とみんなが思ってしまう結果、成り手が決まらない、となります。
 こうした状況のなか、改めて公共の意義について考えたいと思います。公共の事柄は、誰かがしなければならないことですから、それは「お役に立つ」ことです。すなわち、「公共」は、一人ひとりが有する義務や責務を育み、人とのつながりを生み出し、その結果、生(生きること)の充実をもたらします。ボランティアや支え合いの活動は、まさに、そうした活動です。
 権利に比べると義務がもつ大切さは分かり難いように思います。公共に関する活動は、そんな義務の大切さを気づかせてくれます。
このような公共の活動をするとき、気に留めてもらいたいことがあります。それは、相手の人(介護や支援を受けている人)の気持ちです。ボランティアや介護をしている人は、役に立つことを通して生の充実感を得ることができます。では、相手の人はどうでしょうか。介護を受ける人も、何らかの形で、お役に立ちたいと思っているのではないでしょうか。そこに気づき、その人ができることを見出し、その人が人に役立つことをすることで、生の充実を感じられるようになる。それこそが「かしこい福祉」であり、「公共」が宿している可能性であると思います。(中村剛・社会福祉学部教授)
 * * *
 次回からは発達教育学部の新川靖助教(道徳教育)のコラムです。引き続きご愛読ください。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2017年3月25日(2225号) 3面 (12,118,560byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 【読者の声】工事で片側通行 渋滞の改善望む←早く出ても渋滞(01/22)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←キラ☆ヨシナカ(01/22)
  • 細野町のパチンコ店跡 大手商業施設出店へ←かぐら(01/22)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合