忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関西福祉大学リレーコラム・大切なことを学び直す(2)

 2016年01月30日 
―“ソーシャル(社会的)”という言葉に込められた意味―
 社会福祉という言葉の「社会」は、英語ではソーシャルといいます。この言葉を辞書で引くと、「社会的」、「社会に関する」、「社交的」とあります。ルソーという人はこの言葉に、他者を気遣う、平等を志向するといった意味をもたせました。それ以来、ソーシャルという言葉は、友愛、気遣い、連帯、平等といった価値を含んだ言葉になりました。しかしながら、今日ではそうした意味が忘れられています。
 もう一つ、忘れられている言葉があります。それは「自然」です。ここでいう自然とは、どんな家庭環境に生まれるか、どんな能力をもって生まれるか、あるいは、事故や災害に遭う、病気になる等、人間の力ではどうすることもできない出来事を生み出す力のことです。
 人間はこうした自然(力)を忘れ、自然を利用可能な資源(物質)と捉え、その自然を開発・利用するようになりました。時代は徐々に、一人ひとりの人間がやりたいことをする「自由」を重んじるようになりました。そこに競争がもちこまれることで、物質的に豊かで便利な社会が実現します。しかし、そうした社会では、格差の拡大とともに拡がる貧困、人と人とのつながりの喪失、虐待や配偶者による暴力、いじめなどが社会問題となっています。
 人間は「自然」の中に生まれ、自然の中で生きています。だから、自分たちの力ではどうにもならない困難を前に、他者を気遣い、自然がもたらす極端な不平等を縮小しようとしました。こうした気持ちや意志が「ソーシャル」です。この言葉には人間の叡智、あるいは“願い”のようなものが込められています。「ソーシャル」という言葉に込められたものを歴史に学びながら、社会を創っていくことが大切ではないでしょうか。(中村剛・関西福祉大学社会福祉学部教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年1月30日(2171号) 4面 (12,032,320byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←赤穂市民(04/13)
  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←いつまで(04/13)
  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←春祭り(04/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警