忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 政治
  3. 記事詳細

山火事跡に砂防ダム 28年度着手

 2015年12月30日 
 平成26年5月の山火事で樹木を焼失した木津の山林について、兵庫県は赤穂市と住民からの要望に基づき、土石流危険渓流の砂防事業に28年度から着手することを決定した。
 市は火災の翌月に地元自治会の意向を受け、火災跡の防災について早期対策を求める要望書を県へ提出した。県は基礎調査を行った上で山火事跡の谷筋を「土石流発生の危険がある」として新たに土石流危険渓流に指定。また、谷筋の西側にあり、すでに土砂災害警戒区域になっていた急傾斜地の指定範囲を拡大した。
 事業着手が決まったのは、県が新たに指定した区域の谷筋で保全対象家屋は66戸。その谷筋から西約150メートルには従来から土石流危険渓流に指定されていた谷筋(保全対象88戸)があるが、東側谷筋の方が樹木焼失が著しいことから最優先して工事することにしたという。
 市によると、整備費用の一部を受益世帯に求める急傾斜地の対策工と異なり、土砂災害警戒区域の整備は全額県予算と国補助で行われ、住民負担は発生しない。
 28年度は設計を行い、工事完了には「少なくとも数年はかかる」(県光都土木事務所砂防第2課)という。同課は「地元と市からの強い要望があることは承知している。できるだけ早く事業を進めていきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年1月1日・第2部(2168号) 3面 (15,741,623byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 高雄地区 ]  [ 政治 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合