忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】サクラの苗木、一体どこへ?

 2010年09月18日 
 今年3月、子どもの出生記念に市からもらったサクラ苗木を塩屋高山に植樹しました。子どもと同じように成長していく苗木を見るのが楽しみで、水やりや施肥など毎週欠かさず世話してきましたが、9月10日に行ってみると木がなくなっていました。辺りはきれいに草刈りが行われており、もしかしたら誤って刈り取られてしまったのではないでしょうか。(本水尾町の女性)
  * * *
 苗木の交付は昭和54年から赤穂市が実施。婚姻届、出生届を出した市民に制度を知らせ、申請があれば市木であるサクラの幼木を贈ってきた。希望者には植樹場所も提供。昨年度は計100本の申請があり、うち投書主を含む約30家族が高山の「赤穂ピクニック公園」に植樹した。管理は自己責任だが、年3回の下草刈りは市が行っている。
 投書主の話では植樹時に50センチ足らずだった苗木は半年で1・2メートルほどに伸長。ところが今月5日に見たのを最後に、記念のプレートを残したままなくなった。風による倒木やイノシシなどの食害も考えたが、折れ残りの株はなく、地面に大きな乱れもなかった。また、周囲のサクラには異常はみられなかったという。
 市によると、9日と10日に現地で除草作業を実施したが、「作業員は植樹の苗木があることを知っており、誤って刈り取ってしまうことはない」とし、「原因は分からないが、大切に育てられていたサクラがなくなってしまい残念。申請があれば新しい苗木を提供したい」と話している。
 なお、植樹場所の提供は昨年度で終了。贈呈対象は出生届を出した人のみとしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年9月18日(1912号) 3面 (6,522,822byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

いつのころか、今月28になる双子の出生記念の桜がなくなっているのに気がつき、その理由もわからず、家族一同数年間、胸にぽっかり穴があいた状態が続いていました。赤穂御崎の福浦で記念植樹が行われ、広報の表紙をかざる写真は思い出になっています。本当に残念です。

0  0

投稿:YouGyo 2011年07月20日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←まる(04/20)
  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←納税者(04/20)
  • 不正請求などで就労継続支援事業所の運営法人を行政処分←太郎(04/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警