忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 読者の声
  3. 記事詳細

【読者の声】善意で掃除の落ち葉も有料ごみ?

 2010年03月20日 
 街路樹の落ち葉を季節によっては毎日掃除しています。ごみ処理有料化になると、それらも有料袋に入れて出さなければならないのでしょうか。現在業者に委託している植樹帯の管理を、希望する自治会があれば有償で任せてはどうでしょうか。低木剪定や除草なら素人でも可能と思います。(尾崎地区の住民男性)
  * * *
 市内の植樹帯には、サクラ、マテバシなどの高木、ツツジ、アベリアなどの低木が植わっている。イチョウのように落葉時期が短期間で終わるものもあるが、クスノキだと時期によって毎日かなりの量の葉が落ちる。
 市は植樹帯の管理を東部、西部、加里屋の3地区に分割して業者に委託。年間1250万円(21年度契約額)かけて除草(年2回)、低木剪定、害虫防除、水やりを行っている。落ち葉収集は委託内容に含んでおらず、「市民のみなさんの善意に頼っている」のが実状だ。
 市土木課によると、委託経費は作業内容と面積によって算出するため、「業者に委託する項目やエリアを限定することは可能」。除草と低木剪定を除けば、業者への委託額は「5分の1程度になるのでは」という。自治会への有償委託は不可能ではないが、「もし、業務を十分に果たしてくれなければ、結局業者に委託しなければならなくなり、二重の経費がかかる恐れ」がある。
 ▼市美化センター=「ごみ処理有料化は見送られることになりました。検討の段階では、指定ごみ袋は一般家庭から排出される『燃やすごみ』を対象にしておりました。ご質問の件は、今後有料化を検討するにあたって検討課題と考えています」
 ▼市土木課=「植樹帯管理を自治会へ有償で委託することは、美化意識の啓発、自治会の運営費確保に役立つなどのメリットはあると思います。ただし、一部の人への負担押し付け、万一のけがに備えての保険などの課題も考えられ、アドプト制度など他の手法も含めて今後検討します」
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2010年3月20日(1888号) 3面 (7,925,970byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 衆院予算委で医療安全テーマに質問 池畑氏←あこう市民(02/07)
  • 姫路から赤穂まで8時間半 JR遅延 乗客が体験談←赤穂通勤者(02/04)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合