忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

赤穂ゆかりの作家中心に40点「未公開収蔵品展」

 2024年07月01日 
 地元ゆかりの作家や関連のある作品を収集している御崎の赤穂市立美術工芸館「田淵記念館」で、これまで一般に公開したことのない品を紹介する企画展「未公開収蔵品展II」が開催中。

 日本画の長安義信と孫の雅山、弟子の北條文信、洋画の林鶴雄や藤本東一良、陶工の大嶋黄谷など、ここ4〜5年で入手した計40点が並ぶ。

 義信の『秋草鶉蝶図屏風』はススキやナデシコなどの草花とウズラ、蝶を描いた六曲一隻。金銀砂子を配した豪華な仕上がりが目を引く。文信の『旭昇七福神宝船図』は朝日が昇る海と七福神が乗る宝船を描いた縁起の良い作品。林の『街角』はパリのサクレ・クール寺院が見える風景をモチーフ。黄谷の片口鉢は3種類の釉薬を掛け分け、自身が創出した雲火焼にとどまらない多彩な技術がうかがえる。

田淵記念館で開催中の企画展「未公開収蔵品展II」


 昭和20〜30年代に赤穂市内の中学校で図工を教えた神戸市在住の突々和夫さん(95)の版画は今年5月に家族から寄贈された7点。明石海峡大橋周辺の眺望を描いた『海峡の橋』は渋味の中に明るい光が感じられる。

 御崎の旅館の離れで絵を描いた長崎赤城(1859ー1937)、晩年は高雄で暮らして山水画を描いた杉本白象(1898ー不詳)の作品のほか、3畳敷の大きさの赤穂緞通も展示。未公開収蔵品展は一昨年に続き2度目で、藤田忠彦学芸員は「各作品の収集に協力いただいた方々に感謝したい。それぞれの作家の個性を鑑賞してもらえれば」と話している。

三畳敷の赤穂緞通『唐草に蔓草文・縁波文に無文』


 8月18日(日)まで午前9時〜午後5時(入館受付は4時半まで)。火曜休館。入館料200円(小・中学生100円)。Tel42・0520。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年7月6日号(2558号) 1面 (5,837,859byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←海が好き!(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警