忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史イベント
  3. 記事詳細

コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH

 2024年06月08日 
 赤穂市在住またはゆかりのある音楽大学卒業者たちによる赤穂演奏家協会「コンセル・ヌーボ」(小川真澄代表)は毎年恒例の定期演奏会を6月16日(日)、中広の赤穂化成ハーモニーホールで開く。今回が40回の節目で記念演奏会として催す。

赤穂演奏家協会「コンセル・ヌーボ」の第40回定期演奏会へ出演するみなさん


 関係者によると、赤穂高校音楽部顧問だった故赤松秀幸氏の門下生らで結成。「地元で演奏を発表できる場を」と1984年に第1回を開いた。「一年に一度は必ず演奏会を開こう」と会員同士で励まし合いながら音楽活動を続け、コロナ禍で中止した2020年を除き、毎年欠かさずステージを開催してきた。これまでに出演した会員は28人。「この演奏会があるから音楽を続けられた」と話す人もある。

 ハーモニーホールが出来るまでは市内に音楽専用のホールがなかったため、会場は総合福祉会館や小学校の体育館などで市外の市民会館を借りたこともあった。待望のホールが完成した1992年の第9回からは同ホールで開催。ソプラノの小川代表とともに第1回から参加してきたピアノの清水紀代さん(75)=中浜町=は「赤穂に音楽を根付かせたい、というみんなの気持ちがあったから40年間続いたと思います」と振り返る。

 定期演奏会には特別出演と伴奏者を含め21人が出演する。第1部はピアノでチャイコフスキーの組曲『くるみ割り人形』を演奏。声楽による童謡と唱歌の第2部に続き、第3部はサン=サーンスの組曲『動物の謝肉祭』をチェロやフルートなど管弦楽器も加わって演奏する。

 大ホールで午後1時半開場、2時開演。チケットは全席自由で1000円(当日1200円)。同ホール(TEL43・5111)ドレミ楽器(TEL43・9361)で取り扱っている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年6月8日号(2555号) 1面 (5,585,538byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

素晴らしい歌声を、聞かせてもらいました。
いつまでも続けて欲しいものです。

4  1

投稿:出席者 2024年06月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警