忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

手術支援ロボを導入 赤穂中央病院

 2024年05月25日 
 赤穂中央病院(長尾俊彦院長)は米国製手術支援ロボット「ダヴィンチ」を導入。このほど運用を開始した。姫路市を除く西播磨地域の医療機関で初めてという。

手術支援ロボット「ダヴィンチ」の運用を始めた赤穂中央病院泌尿器科の中山恭樹部長(右)と長尾賢太郎医師


 ダヴィンチは、コンソールと呼ばれる操縦機器のハンドルやペダルを動かして鉗子や内視鏡が付いたロボットアーム4本を自在に操作するシステム。術者は内視鏡で映した高解像度の画像をモニターで確認しながらミリ単位でアームを動かす。手ぶれ補正機能も備え、人の手では難しいような精密で正確な手術が可能になる。手術時の出血量を開腹手術の4〜5分の1程度に抑えられるなど患者の負担を軽減でき、術後の早期回復と入院日数短縮のメリットもあるという。

 国内ではすでに600台を超える数が導入。前立腺の全摘除術など開腹手術ではリスクを伴う術式で支援ロボットを使うのが一般的になっているが、これまでは姫路あるいは岡山の医療機関まで行かなければならなかった。同病院は最新モデルのダヴィンチを3億円超かけて整備。4月から泌尿器科の手術で運用を始めた。

 今後は産婦人科や外科の手術にも運用を拡大していく計画。長尾院長は「手術支援ロボットを活用することで、より安全で質の高い医療を提供できる。トレーニングを重ね、患者のみなさんに安心して手術を受けてもらえる体制を整えていきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年5月25日号(2553号) 1面 (6,818,385byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警