忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

心癒やすメロディ 引きこもり男性が作ったピアノ曲

 2024年05月20日 
 小学生のころから自宅に引きこもりがちだった音楽好きの男性が友人たちの支援で作曲したピアノ曲の発表会が19日に中広の赤穂化成ハーモニーホールであり、「暗闇に差し込む光をイメージした」というメロディが聴衆を魅了した。

ロビーコンサートで披露された徳岡郁人作曲「Immortal Sanctuary(不滅の聖域)」


 作曲したのは正保橋町の徳岡郁人さん(32)。ピアノとバイオリンを習った経験から音楽に興味がある。姉の紹介で6年前に出会った赤穂市内在住の元作曲家Neroさんに思いついた曲のフレーズを聴かせたところ、「光るものがある」と励まされ、初めて作曲にチャレンジ。4分半ほどの曲を約1年がかりで完成させ、Neroさんが編曲した。題名を「Immortal Sanctuary(不滅の聖域)」と名付けた。

 発表会では加西市のピアニスト高濱莉乃さん(28)が情感を込めて演奏。会場のロビーに響く音色に約50人の観客が耳を傾けた。演奏後、徳岡さんは客席から送られた拍手に照れながら頭を下げ、観客からは「心が癒やされる音楽」「もっと聴いていたいと感じた」「楽譜がほしい」などの声があった。

 「自分にとって人生で初めての経験でした。拍手をもらって足が震えた」と徳岡さん。2曲目の制作にも意欲を示す。Neroさんは「音楽で人を感動させることができる才能は誰もが持っているものではない。自信をもってほしい」とエールを送る。

コンサートであいさつする徳岡郁人さん。左は編曲を協力したNeroさん



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年5月25日号(2553号) 2面 (6,818,385byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警