忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

復元納棺師の笹原留似子さん講演「命大事に輝かせて」

 2024年04月17日 
 事故や災害で損傷した遺体をできるだけ生前の姿に戻して棺に納める「復元納棺師」として東日本大震災や今年1月の能登半島地震の被災地でも活動した笹原留似子さん=岩手県北上市=の講演会が15日、塩屋の赤穂西中学校であった。笹原さんは「必ず人は死を迎えます。命を大事にして」と語りかけた。

「命を大事にして輝かせて」と語った復元納棺師の笹原留似子さん


 笹原さんは日本でも数少ない特殊な技術を持った納棺師。東日本大震災では生後10日の赤ちゃんから90歳を超える高齢者まで約300人を見送った。能登半島地震でも被災地に駆けつけ、停電した中、警察官たちが照らすライトの明かりを頼りに亡くなった人たちを納棺した。

 前日に砂子の「あこう典礼館花みずき」であった行事のゲストとして来穂。「地域の中学生に、いのちの大切さについて講演したい」との笹原さんの申し出で講演が実現した。

 これまで2万体を超える遺体を納棺してきた笹原さん。復元した人たちを思い出して描いた似顔絵とともに震災を伝える活動も行っている。講演では自身の仕事を「死の専門家」とした上で、「死を『通過点』として、その人がどう生きたのか、その人の思いや、やってきたことをどう引き継ぐのかという話をする専門職でもある」と紹介。「みなさん一人一人にしかできない使命を持って生きている。自分の命を大事にして輝かせて」と呼び掛けた。

 全校生徒と保護者など約300人が聴講。生徒を代表して生徒会長の花田航規君(14)は「新たな視点を持つことができた。一つしかない命を大切に日々頑張っていきたい」と謝辞を述べた。
<前の記事
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警