忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

「日本のナポリ」発信 人気レストラン2階にホテル

 2024年03月30日 
 御崎の人気イタリアンレストラン「さくらぐみ」が同店2階を改修して1日2組限定の宿泊施設「ホテル カーサ ヴィーコ」を今月15日にオープンした。

西川明男オーナー(左)とデザインを手掛けた梅原龍さん


 客室からは家島諸島や瀬戸内海を一望でき、オーナーシェフの西川明男さん(63)が「日本のナポリ」と呼ぶロケーションが自慢。南イタリアをイメージして家具や内装にもこだわった。

 プロデュースしたのは20年ほど前から赤穂で個展を開くなどする沖縄県在住の画家、梅原龍さん(56)。ホテルデザイナーでもある梅原さんは、海側に面した窓から差し込む自然光で光と影のある空間を演出し、自ら設計したベッドや海外から取り寄せたテーブル、ランプなどを配置。壁面にオリジナルの壁画を描き、唯一無二の客室に仕上げた。テラスや浴室にはナポリから輸入した約400年前のアンティークタイルをあしらった。

 西川さんは、企業の保養所だった鉄筋コンクリート造2階建ての建物を購入して2000年に加里屋お城通りから伊和都比売神社そばの現在の場所に店舗を移転。神社から店までの小道を「きらきら坂」と名付け、一帯を観光スポットとして再生した仕掛け人でもあり、移転当時から「いずれはレストランにホテルを併設したい」との構想を持っていたという。国の事業再構築補助金を活用して昨年5月から改修に入り、高級感あふれる宿泊施設に生まれ変わらせた。

 今後はクラウドファンディングで集めた資金で屋上にサウナを設置する予定。さらにはホテルを拠点に家島諸島と赤穂をつなぐチャーター船プランも計画中という。「観光地としての御崎のポテンシャルをさらに引き出せば、国内だけでなく海外からの観光客も呼び込める」と展望する。

 ホテルについての問い合わせは「さくらぐみ」TEL0791・42・3545。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年3月30日号(2546号) 1面 (4,160,203byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警