忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

日本画家の故室井澄氏を偲び画塾生らが作品展

 2024年03月23日 
 日本画家の故室井澄氏(1920―2021)が生前主宰した画塾の教え子有志による作品展「雨聲会(うせいかい)展」が3月29日(金)から中広の赤穂市立図書館で開かれる。

師の室井澄氏の遺作とともに作品展を開く画塾「雨聲会」有志のみなさん


 代々狩野派の絵をたしなむ庄屋家の三男に生まれた室井氏は17歳で仏画の石川晴彦に入門。花鳥画の立脇泰山、美人画の寺島紫明にも師事した。最晩年まで主なモチーフとした大山で創彩展内閣総理大臣賞を受賞。長年にわたり大山を描き続けた功績で2015年に鳥取県大山町から感謝状を贈られた。21年1月11日、100歳で天寿をまっとうした。

 雨聲会は室井氏が53歳のとき「地元で日本画文化を広めたい」と開いた。画業に対する厳しさを持ちつつユーモアのある指導が魅力で市外からも入門者があり、手ほどきを受けた人数は100人をくだらないという。室井氏の体調が思わしくなくなった以降はコロナ禍も重なって作品展の開催を見合わせていたが、「せっかく先生に教えていただいた成果を発表したい」と師の没後初めてとなる展示を企画した。

 会員のうち9人が風景や花を描いた作品など約60点を出品。室井氏の遺作5点と作品の基となったスケッチブックも展示する。作品展のために約1年前から集まって準備を進め、今後も写生会を行うなど活動を続けるという。有志代表の池田芳伸さん(73)=坂越=は「先生のおかげで生まれたつながりをこれからも大切にしていきたい。展示では先生から教わったことを思いながら描いた作品を見てもらえれば」と来場を呼び掛けている。

 31日(日)まで1階ギャラリーで午前10時〜午後5時(最終日は3時まで)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年3月23日号(2545号) 1面 (5,668,270byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警