忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

病院事業管理者に高原秀典氏任命へ

 2024年03月16日 
 赤穂市は、昨年4月から空席となっている病院事業管理者に現院長の高原秀典氏(65)を任命する方針を固めた。4月1日付けの人事異動で正式発表される見通し。

病院事業管理者に任命される見通しの高原秀典氏


 高原氏は1991年に赤穂市民病院に麻酔科医師として着任し、93年に外科医師となった。一旦、滋賀医科大学大学院医学研究科で学び、博士課程を修了した2001年に外科部長として復帰。診療部長、副院長などを経て22年に院長に就任した。

 赤穂市民病院の病院事業管理者をめぐっては長年空席が続いた中、外部有識者会議が経営改善策の一つとして挙げた「病院運営と経営に精通した専任の病院事業管理者の配置」の提言を受け、22年4月に公益財団法人兵庫県健康財団副理事長の寺谷進氏を起用。31年ぶりに配置された病院事業管理者の手腕が期待されたが、「一身上の都合」を理由にわずか1年で辞職した。
<前の記事
[ 社会 ]


コメント

公立病院としての在り方。これは重要だと思います。公立は不採算な部門や救急受け入れ、人口の少ない所に対して医療を提供できます(予算に可能な限りですが、、)。

ですので民営化と言っている市民は、そこが無くなる(縮小される)覚悟はしないといけないと思います。

ただ、だからと言って赤字垂れ流しは話が違います。そこをきちんとしないから不満ばかりがあがるんです。もっとできる事たくさんあるでしょ?『公立だからできる事』はしっかり行って、『公立だからまあいっか』というところは是正しましょうよ。

しっかりと市民に見える医療提供をお願いします。

21  2

投稿:市外の人 2024年03月17日

「病院運営と経営に精通した専任の病院事業管理者の配置」に全く適してない人事。多くの医師は院長や副院長になって初めて経営に触れる人間が多く、経営ノウハウを持った医師など僅か。
市議会やこれまでの赤穂市民病院を見ると財政など全く考えずに仲良しこよしと思い付きだけでずっと運営してきたのだろう。赤穂市民病院と全く縁もゆかりも無い人間が忖度せず改革を進めて行かないと赤穂市に未来は無い。
公立病院は必要であると一個人としては感じるが、赤穂市の財政や人口動態等に適したサイズダウンを行い、支出を積極的に抑えることが必須。

31  1

投稿:泥船病院 2024年03月16日

この記事ではふれられてませんが院長を別の人に交替して、高原さんは病院事業管理者に専任するということですよ。兼任ではありません。

14  1

投稿:非病院関係者 2024年03月16日

経営責任者(理事長)と医療責任者(院長)を兼任するのは民間ではむしろ多数派ですからね
この方に能力があるかどうかは別にして兼任人事自体はそこまでおかしい事とは思いません
現場に関してもその方の能力次第ですが普通に出られてる方もいますよ
もし難しいのであれば現場を減らすあるいは無くすという対応もできますしね

赤穂市民病院は元々実質的な経営判断は歴代の院長がしてたようなのである意味元に戻ったという事ではないですか
にも関わらず管理者を置いて来なかったのが経営責任が不明確になった原因なので、今回責任を明確化するのは悪く無い事だと思いますよ
前任の管理者の言う事を現場は聞かなかったので、だったら好きにやらせてやるから責任は取れよという人事なんだと思います

9  3

投稿:太郎 2024年03月16日

「市民病院経営強化プランに失敗した場合の責任は市長にある」と先日公言したばかりの高原院長が次は病院事業管理者?牟礼市長は納得しているのか?無責任にも程がある。狂気の沙汰だ。

27  7

投稿:赤穂市民 2024年03月16日

なんか外から見てて投げやりにしか見えません。前任者は病院事業管理者専任でやっていたが一年でお手上げ…と言うかサジを投げたと考えます。
この時点で市民病院は民営化、独立行政法人化、どこかの病院や施設と合併するなど何らかの方法を考え、市役所職員は撤退するべきであった。

病院の管理者やりながら院長やりながら外科医するんですか?院長はどなたかと交代ですか?無茶すぎませんか?
しかも、令和6年度が赤字となれば経営自体の見直しをする約束なはず。まあ、行く末を生温かく見守るしかない。良い方へは行かないので赤字になって経営不振になれば高原氏に責任を擦りつけるんだな。よくそんな役目引き受けたな。いや、任命と言う名の押し付けかもしれない。ホントにこれでいいのか。赤穂市の考えは全く理解できない。
高原院長が管理者になってうまく行くならとっくに病院は上向き稼働していたはず。

27  3

投稿:つぶあんよりこしあん 2024年03月16日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警