忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

炎と煙が生み出した「富士」 や「龍」 雲火焼陶板絵

 2024年01月03日 
 炎と煙による窯変で生み出された紋様を富士や日の出に見立てた陶板絵の作品展が1月5日(金)から御崎の桃井ミュージアムで開かれる。今年の干支「辰」にちなんだ作品も並び、初春にふさわしい展示となりそうだ。

 出品者は赤穂雲火焼作家の長棟州彦さん(76)=塩屋=。まるで朝焼けの空に冠雪した富士を描いたような「不二山」、富士の上空を龍が飛ぶ紋様の「雲龍」などのほか、赤い地肌に山容が白く浮き上がった茶碗など20点以上を展示。玄関に飾った水琴窟は空を舞う龍のような窯変が目を引き、壺に響く音を「辰の初鳴き」として来館者を出迎える。

 釉薬を使わず炎と煙による窯変で紋様を出現させる雲火焼に魅せられ、約40年にわたって陶芸に励んできた長棟さん。20年ほど前から陶板絵の制作にも取り組み、試行錯誤と工夫を重ねた結果、味わいのある景色が窯疵なく焼き上がる確率を高められたという。

 1階展示コーナーで1月29日(月)まで午前9時〜午後4時。火曜休館。館内で使用できる金券500円を購入して入館。2階展示室では札幌市の詩人、嵩文彦さん(85)と姫路市飾磨区の川柳作家、森崎大青さん(70)の「旅するコラボ展2024」を同時開催。13日(土)午後2時から朗読会あり。TEL56・9933。

窯変を富士に見立てた陶板絵を出品する赤穂雲火焼作家の長棟州彦さん



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年1月1日号・第1部(2535号) 4面 (8,948,666byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警