忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

元市民病院脳外科医が科長と前院長、赤穂市を相手取り提訴

 2023年11月25日 
 赤穂市民病院に在任中、複数の医療事故に関わったとされる脳神経外科の40代医師が、専門医試験の受験を妨害されたなどとして、上司だった科長と前院長、赤穂市を相手取り、損害賠償を求める民事訴訟を神戸地裁姫路支部に提起したことがわかった。

 10月13日付けで提起された訴状によると、2021年3月に原告が血管内治療専門医試験を受けようとした際、出願に必要な書面への署名を科長が拒否したため受験資格を喪失した、としている。また、20年7月には科長から暴行を受けて傷害を負ったとした上で、前院長に科長の配置転換など勤務環境の改善を求めたが具体的な対策を講じなかった、などと主張。これらが原因で「うつ病に罹患し、退職を余儀なくされた」として科長と前院長にそれぞれ1000万円の損害賠償を請求し、赤穂市にも使用者責任があるとして連帯して支払うよう求めている。

 原告は2009年に医師免許を取得。複数の医療機関での勤務を経て19年7月に赤穂市民病院に採用された。同病院によると、翌年2月までの間に医療過誤1件を含む計8件の医療事故に関与し、前院長が手術禁止を命令。21年8月に退職し、現在は別の医療機関に勤務している。

 訴状で原告は、医療過誤が発生した要因を「(科長の)命令に従ったことが原因」と主張。その他の医療事故については「医療過誤ではなく、合併症、偶発症あるいは自然経過により予後が悪かったものであり、原告の手技に起因するものではなかった」とミスを否定した上で、「手術禁止命令の必要性はなかった」としている。

 赤穂民報の取材に、原告は「現時点では、コメントすることはない」と代理人弁護士を通じて回答。被告の科長と赤穂市はいずれも「本件に関するコメントは差し控える」とし、前院長は23日までに連絡はなかった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月25日号(2531号) 1面 (6,078,789byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

2024年になってもやらかしてるけど
何人の人が犠牲になるんだろうか

8  0

投稿:あかん 2024年02月14日

転職先でもトラブって訴えられるくらいヤバイ人なんだな…

9  0

投稿:  2024年02月10日

願書への署名を拒否したということは、
科長は正しい判断をしているということですね。

117  1

投稿:トンボくん 2023年11月28日

この訴訟は医療事故の解明にとっては必ずしも悪い事ではない
本来公立病院の医療過誤問題は法的責任は病院にある為当該の医師は出てくる必要はないのだが、わざわざ自ら出てきてくれた事になる
是非証拠を出し合う事によって真相解明に繋がって欲しい

107  1

投稿:太郎 2023年11月26日

裁判になる以上事実が明らかになるはず。
彼はかえって墓穴を掘ることになるのではないかと予測する。

43  1

投稿:匿名 2023年11月25日

漫画の通りですね。
あの漫画を見た後だと、やはりおかしいのは原告側(医療事故ヲ起こした本人)なのかなという気がします。

172  2

投稿:"脳外科医竹田くん"の威力 2023年11月25日

こんな人が別の病院に勤務って、怖すぎし、医者になるべきではない。
採用した病院は、きちんと経歴確認したのかと思ってしまう。

217  1

投稿:元市民 2023年11月25日

市民病院の中の人に、問題を報道する赤穂民報や竹田君のマンガを恨んでる人がいるみたいだけど、あなたも病院の被害者なんですよ?
本来問題に責任負っている上の方の人が、皆で団結しようとか都合の良いことを言ってるんでしょうけど、それって本来被害者である現場の人達にその自分達の責任をバラ撒いて押し付けてるってことですからね。マインドコントロールと言ったら言い過ぎですけど、上からしたらチョロい連中だと陰でほくそ笑まれてますよ。
現場で患者のために頑張ってるのに、竹田君をまともに管理せず放置した管理側と御自身たちを同じ側と思わされてるのは、おかしな話ではないですか?
放置した責任は今は現体制上層部が引き継いでいるのが本当ですよ。

97  28

投稿:傍観者 2023年11月25日

最初に医療事故が起きた時にうやむやにせず、すぐに原因追求してひとつずつ解決していなかったからこうなった。まだ和解していない被害者もいる。
訴えている内容については個人的にはどうかと思うが…
地域新聞に掲載され、忘れた頃に地方紙にも取り上げられて挙げ句に記者会見まで開いてyoutubeにも残っている。
医療事故を起こした当人と、それを庇う人、それを隠蔽する人で赤穂市民病院の名は地に落ちた。
少し前にも職員のハラスメントが記事になっていたが、これも加害者を庇う人、それを隠蔽する人で揉み消すのであろう。処分などは新聞にも取り上げられていない。その後には賞味期限切れの食品サンプルを配布…

病院の中に「襟を正そう」と言う人物は一人もいないのか?あの建物の中で起きる事はハラスメントのような小さい事から人命にかかわる大きな事まで全て病院内で形を変えて発表したり、隠蔽するんだな。ほとぼりが冷めるまで放置するからこんな爆弾を喰らうんだ。真面目に仕事に取り組んでいる人もいるのに非常に迷惑な話だ。

92  31

投稿:市民病院には貢献しています 2023年11月25日

まじか…
この他責思考、全く反省してないよね。

207  0

投稿:( `-´ ) 2023年11月25日

あの漫画はどこからどこまで事実なのか真実を明らかにしてほしいものだな

125  1

投稿:( ・∀・) 2023年11月25日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警