忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

高齢化率 全地区で3割超える 15歳未満は5千人切る

 2023年07月08日 
 赤穂市の2023年3月末時点の人口統計がこのほどまとまり、昨年度の新生児は193人(男86人、女107人)で過去最少だった前年度の217人を下回った。

 15歳未満人口は4840人で初めて5千人を割り込み、市内9地区すべてで高齢化率が3割を超えた。

 記録によれば、赤穂市で最も出生数が多かったのは1974年度で932人。

 発表された統計では、総人口は4万5174人(前年比580人減)で21年連続の減少。世帯数は2万0544世帯(同40世帯増)で3年ぶりに増えた。地区別では坂越地区のみ人口が増えた。



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年7月8日号(2514号) 1面 (6,693,844byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

赤穂に限らず少子化は止まらない。若者は減り続ける。
これからは若者よりも高齢者優遇施策を望みます。

5  41

投稿:敬老の日 2023年07月12日

赤穂市は、若者の定住策があるのか無いのか?
結婚したら…子供が生まれたら…などの公的支援をもう少し厚くすれば、若者が定住してくれるだろうと思います。

15  4

投稿:遅れ…還暦前爺 2023年07月12日

子供が欲しいけど
なんの助けもない。
結婚したけど補助金もないし
カツカツで生活してるし
子供出来たとしても不安しかない。
もっと子供に対して育てやすい市にして欲しい。
相生に引っ越を考え中

15  25

投稿:終末期 2023年07月10日

そりゃそうでしょ。
若者や子供は蔑ろ。老人ばかり優遇。
見えていた未来。
正直、赤穂という名が歴史に記されて市が消えてもいいんじゃない?
選んだのは有権者です!

42  7

投稿:もう終わりが近い 2023年07月08日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警