忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「ナラ枯れ」から生島守る「ホイホイ」設置

 2023年05月20日 
 樹木の伝染病から国天然記念物の照葉樹林を守ろうと、「ナラ枯れ」の病原菌を媒介する甲虫「カシノナガキクイムシ」(通称・カシナガ)のモニタリング調査が坂越の生島で17日に始まった。

「ナラ枯れ」被害防止のモニタリングのため粘着シートを樹木にセットする調査団


 地元企業のアース製薬が開発した粘着シート「かしながホイホイ」をサンプル樹にセット。繁殖状況を経年観測し、被害防止や早期発見につなげる狙いだ。

 生島は坂越湾に浮かぶ無人島で面積8・1ヘクタール。古来より大避神社の禁足地だったため原始に近い状態の樹林が保たれ、1924年に国天然記念物となった。樹木に巻き付いて枯死させるつる性植物を市民ボランティアたちの手で伐採するなど、保護の取り組みが続けられている。

 ナラ枯れは、カシナガ(体長5ミリほど)がナラ菌を媒介して引き起こす。発症した樹木は水を吸う能力を失って急激に立ち枯れる。兵庫県内では2006年度までは但馬地域でしか発生していなかったが、5年前からは播磨地域にも拡大。赤穂市域にも広がりつつあるという。

 昨年12月、服部保・兵庫県立大学名誉教授が生島で行った現地調査で、カシナガが開けたとみられる直径1・5〜2ミリほどの小さな穴がある樹木が見つかり、今年3月の再調査ではスダジイやアラカシなど調べた105本中29本で穴が確認された。一本当たりの穴の数は50個未満で、ナラ枯れの被害が発生する目安となる100個には至らなかったが、さらに繁殖が拡大すれば被害が生じる恐れがある。

 この日は赤穂市教育委員会文化財課の職員と「ひょうご森づくりサポートセンター」の樹木医など調査団12人が渡島。アース製薬研究開発本部プロ製品応用研究部の上田松太郎課長(57)が粘着シートを取り付ける手本を見せ、3班に分かれて25本にセットした。また、島内で最も幹の太いスダジイにはカシナガを寄せ付けない防除ネットを設置した。

 カシナガは例年6月ごろに穴から出てきて別の木に移動する習性があり、来月にも捕獲状況を確認。その後も穴の数の変化や樹木の状況などを毎年記録していく予定だ。

 同神社の生浪島堯宮司は「今年は生島が天然記念物に指定されて100年目。関係各所の協力を得ながら保護していきたい」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月20日号(2507号) 1面 (5,077,063byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

アース製薬さんのお力添え!感謝します。
good job!

7  0

投稿:grillo 2023年07月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 刷毛の跡までリアルに 埴輪ミニチュア←もりいくすお(07/20)
  • 消防操法大会 第6分団が西播大会V←疑問(07/19)
  • 木津でトウモロコシのもぎ取り直売会 ヒマワリの無料持ち帰りも←赤穂民報(07/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警