忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

耐用年数超過の市営住宅3団地「用途廃止」を前提または視野に

 2023年05月10日 
 赤穂市は、市営住宅長寿命化計画を10年ぶりに見直し、すでに耐用年数を超過して入居募集を停止している湯の内団地と浜市団地、有年楢原団地の合計152戸について、今後10年間で用途廃止を前提または視野に入れ、必要に応じて修繕対応する計画を策定した。


 計画では、10年後の2032年度末に赤穂市で必要な公営住宅の戸数を「776戸以上」と推計。県営住宅(412戸)を除き、364戸以上を市営住宅で確保する目標を立てている。仮に▽湯の内(133戸)▽浜市(4戸)▽有年楢原(15戸)の3団地を用途廃止したとしても、▽塩屋西(32戸)▽塩屋(207戸)▽坂越高谷(42戸)▽千鳥(173戸)の4団地計454戸の長寿命化を図れば必要な戸数を上回るとの計画だ。

 引き続き活用を図る4団地については電気容量の引き上げや屋根の防水、外壁の塗り替えなどを行う一方、湯の内は用途廃止を前提とし、空き家になった棟を順次除却。浜市と有年楢原は用途廃止を視野に入れる。

 市によると、湯の内、浜市、有年楢原の3団地には今年4月時点で計50世帯が居住しているといい、「用途廃止を前提または視野に入れる公営住宅であっても、居住中の住宅については必要に応じて修繕対応する」(市民課住宅係)としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月13日号(2506号) 3面 (8,504,697byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

湯の内の市営住宅は、老朽化が著しい。

2  2

投稿:撤去 2023年05月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←あまーい世界(02/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警