忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供ボランティア
  3. 記事詳細

「やりたいことを出来る範囲で」子どもの居場所づくり

 2023年04月24日 
 子ども食堂や学習支援といった「子どもの居場所づくり」に興味のある人を対象にしたワークショップが23日に赤穂市役所であり、すでに活動に取り組んでいる実施団体を交えて意見交換を行った。

「子どもの居場所づくり」をテーマに開かれたワークショップ


 赤穂市内では現在、市民ボランティアによる子ども食堂と学習支援の場が1か所ずつ運営。市は将来的に小学校区ごとに「子どもの居場所」がある環境を目指しており、「活動への興味がある人が一歩を踏み出すきっかけになれば」とワークショップを企画した。

 7人の参加があり、市内で実際に子ども食堂、学習支援の場を運営する団体の関係者が活動状況を説明。参加者からの質問に答えた。活動を始めたきっかけを問われた「あこう子ども食堂」の岩崎由美子さん(58)=中浜町=は「子どもたちと一緒にカレー食べたら楽しそうやから、やってみよか、という感じ」と話し、「あまり難しく考えず、自分のやりたいことを出来る範囲でやればいいのでは」と助言した。

 「子どもの居場所」という言葉に関心を持って夫婦で参加した市内の女性は「実際に活動している方のお話を聞けて良かった。何らかの形で居場所づくりに関わりたい」と意欲をみせた。

 市は今年度、実施団体への補助制度を拡充。例えば、子ども食堂を月2回以上開く団体に20万円(月1回以上は10万円)の補助金を交付する。「参加者同士の横のつながりも生まれた。市としても、子どもが健やかに成長できる環境を整えるために積極的に支援していきたい」(子育て支援課)と話している。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警