忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

救急搬送困難事案が前年1・6倍 コロナ禍影響

 2023年02月11日 
 赤穂市消防本部は2022年の火災・救助・救急の出動状況をまとめ、赤穂市内で発生した「救急搬送困難事例」(救急車の現場滞在30分以上)が175件で前年の1・6倍に増えたことがわかった。同本部は主な要因として「コロナ陽性者の搬送先を調整するのに時間を要したケースが増えた」(救急課)としている。


 同課によると、コロナ陽性者の搬送件数は前年の20件から104件に増加。最も現場滞在が長かった事例では3時間26分を要し、市内では受け入れ先が見つからず、市外の医療機関へ搬送したという。

 119番通報の着信から現場到着までに要した「現場到着時間」の平均は前年の8分30秒より30秒長い9分、通報着信から患者を医師に引き継ぐまでに要した「病院収容時間」の平均は前年の36分24秒より9分長い45分24秒となり、いずれも前年から延びた。コロナ陽性者の搬送に必要な防護服を隊員が着用する時間、重症化した患者を市外の医療機関に長距離搬送するケースが増えたことも影響したとみられる。

 救急出動の総数は2293件(前年比338件増)、搬送人員は2069人(同213人増)で、いずれも過去最多を更新した。搬送人員が2000人を超えたのは初めて。赤穂署が保有する救急車3台とも出動したケースが92回(前年54回)あり、さらに119番通報が重なって上郡暑から救急車が向かった場合も「10回はあった」が、「今のところ救急搬送に支障は出ていない。必要な場合はためらわず119番通報を」と話している。

 出動の理由別では「急病」が最も多く1416件。「一般負傷」371件、「交通事故」158件――と続いた。月別では7月と8月、11月と12月がいずれも200件を超え、コロナ感染拡大の第7波、第8波とピークが重なっている。

 また、救急患者の収容先の内訳は、▽赤穂市民病院1106人(前年1076人)▽赤穂中央病院707人(609人)▽その他市内21人(20人)▽管外234人(151人)だった。

 赤穂市内の火災件数は12件(前年比2件増)。6件は建物火災だった。死者はなく、負傷者は3人。救助出動件数は前年と同じ38件だった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月11日号(2495号) 1面 (5,159,040byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警