忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

空き巣など窃盗犯増加 2022年赤穂署管内

 2023年02月11日 
 赤穂警察署の2022年犯罪事故統計がまとまり、刑法犯認知件数は280件(前年比64件増)、交通事故は1103件(同68件増)で、いずれも前年から増加した。


 同署によると、刑法犯のうち「窃盗」が174件(70件増)で約1・6倍に増加。特に前年は認知件数ゼロだった「事務所荒らし」「出店荒らし」が計9件発生したほか、「空き巣」も3件から14件に増えたのが目立つ。36件あった「乗り物盗」は約9割が無施錠の自転車が盗まれたケースだった。

 「詐欺」は22件(7件減)。そのうち特殊詐欺は10件(3件減)で被害総額約730万円を認知した。刑法犯認知件数に対する検挙件数は107件で検挙率は38・2%。

 交通事故は人身事故89件(3件減)で死亡1人、重傷10人、軽傷96人。物件事故は1014件(71件増)で、そのうち車が鹿と衝突した事故が47件(20件増)発生した。

 同署は「窃盗被害を防ぐために、まずは建物や自転車をしっかり施錠し、事務所や店舗にお金を置いたままにしないでほしい。また、赤穂署管内の人身事故の約7割は交差点とその付近で発生しているので、安全確認と一時停止を徹底して」と呼び掛けている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月11日号(2495号) 1面 (5,159,040byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警