忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

市民病院「今年度中にガバナンス検証委から結論」

 2023年01月23日 
 医療安全と経営の再建へ向け、赤穂市民病院が設置している外部有識者委員会について、高原秀典院長はガバナンス検証委員会から今年度中に結論を得る見通しを明らかにした。

現状と課題について説明があった「赤穂市民病院の医療を考える懇談会」


 慢性的な財政難からの脱却を目指す同病院は昨年5月、外部有識者による「経営改善検証委員会」(委員長=谷田一久・東京都立大学客員教授)を設置。また、その翌月には相次いだ医療事故を受け、医療安全のあり方について検証する「ガバナンス検証委員会」(委員長=有田伸弘・関西福祉大学教授)を設けた。

 高原院長は19日にあった「赤穂市民病院の医療を考える懇談会」で、これらの委員会について触れ、「(ガバナンス検証委員会は)今年度中に結論が出れば、それを尊重して今後の当院の方向性を決定していくことになる」と述べた。

 懇談会で高原院長は今年度に取り組んだ重点項目として、(1)救急収容件数増(2)地域包括ケア病棟の積極的活用(3)コロナ患者の積極的受け入れ(4)各種指導による収益増(5)包括医療費支払い制度の理解徹底を挙げ、「救急車の収容件数は目標の2000件を超え、過去最多の2169件となった。12床あるコロナ病棟は、ほぼ満床状態が続いている」などと実績を強調。職員の提案で玄関前の清掃や館内照明の改善、動画によるPRや乳がん検診の休日実施にも取り組んだと説明した。

 また、今後の課題として、(1)人口減少と高齢化による医療需要変化への対応(2)医師の働き方改革に伴う救急医療の維持(3)医師の高齢化(4)コロナ診療の行方を挙げた。

 出席した委員からは、訪問診療の拡充、かかりつけ医からの紹介手続きの簡素化、電子処方箋への対応などの要望が出たほか、収支を気にするあまりに過度な医療を患者に施すことのないよう釘を刺す意見もあった。

 * * *

 当初の記事で「経営改善検証委員会」と「ガバナンス検証委員会」の両方で今年度中に結論が出るかのような内容になっていましたが、今年度中に結論が見込まれるのは「ガバナンス検証委員会」についてですので、記事を加筆しました。(2023年1月23日15時35分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月28日号(2493号) 3面 (10,074,557byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合