忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「教訓伝える」赤穂高で震災追悼行事

 2023年01月17日 
 阪神淡路大震災から28年の17日、海浜町の赤穂高校(大角謙二校長)で定時制生徒による追悼行事があり、「1.17」をかたどったイルミネーションで犠牲者を鎮魂した。

赤穂高校定時制で行われた阪神淡路大震災の追悼行事


 兵庫県は1月17日を「ひょうご安全の日」と定め、同校定時制では塩で作ったランタンを灯して追悼行事を行うのが恒例。3年前からはLED電球によるライトアップを加えた。

 今年は「震災の教訓を忘れずに伝えていこう」という気持ちを込め、イルミで「伝」「1.17」の文字を表現。その周りに塩ランタンを50個並べて照らした。黙祷を捧げ、一昨年度と昨年度にPTA会長を務めた中山真理さん(49)=元塩町=がメンバーの女性3人組ゴスペルクワイア「ハピクル」が「アメージング・グレイス」など3曲を歌い、追悼のひとときを過ごした。

 中心となって設営した同校ボランティア部3年の金谷朋季部長(17)=海浜町=は母方の祖父母が震災当時から淡路島在住といい、「僕が生まれる前に起きた震災だけど、大変な災害だったことは知っている。教訓を伝えていきたい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月21日号(2492号) 1面 (4,011,788byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合