忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

鹿と衝突事故急増 赤穂署が注意マップ

 2022年12月03日 
 赤穂市内で自動車と鹿が衝突する交通事故が今年に入って急増しており、赤穂署が注意喚起のための「赤穂市鹿マップ」を作成した。昨年1月以降に管内で鹿が関係した事故の発生場所を地図上に表示。多発箇所が一目でわかるようになっている。

鹿と車の衝突急増を受けて赤穂署が作成したマップ


 同署のまとめでは、今年に入ってから管内で発生した鹿と車の衝突事故は10月末時点で36件。昨年1年間の発生件数27件をすでに超え、最近8年間で最多となっている。例年10月から12月にかけて数が増え、今後さらにリスクが高まる恐れがある。

 従来から発生が集中していた国道250号線の高取峠、県道赤穂佐伯線のほか、今年は新田から三石へ続く県道岡山赤穂線、福浦地区の国道250号線でも多発。同署交通課の分析では、4件に3件の割合で夜8時から翌朝4時にかけて発生している。

 同署によると、今年発生した事故では「けが人は発生していない」というが、車両が大破したケースもあり、重大事故につながる危険性は高い。今年10月には北海道でエゾシカと衝突したワゴン車が対向車線にはみ出してトラックと衝突し、3人が死傷した事故が起きている。

 通勤で高取峠を通る会社員男性は「道路脇に鹿がいることはしょっちゅう。常に『鹿が飛び出してくるかもしれない』と警戒しながら運転している」と話す。

 同課の喜多村勇輔課長は「スピードは控えめに。鹿は群れで行動することがあるので、1頭見かけたら2頭目に気を付けて」と衝突回避のポイントを挙げ、「もし、鹿など野生動物と衝突した場合は警察への通報も忘れずに」と呼び掛けている。

 作成した鹿マップは同署1階の待合スペースに掲示するほか、同署ホームページへの掲出も検討している。

鹿と車の衝突急増を受けて赤穂署が作成したマップ)



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月3日号(2486号) 1面 (10,427,489byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

赤穂市民はどこに出やすいとか分かっとるからマップなんか作らんと対策頼むわ

1  7

投稿:あ 2022年12月15日

マップも助かるが、鹿などの野生動物が車道に出てこない対策もお願いしたい。 電球を増やすとか、ネットを張るとか…。急に飛び出してきた動物を避けるのは不可能。また反対車線にはみ出して、正面衝突も…。 早急に改善していただきたいです。

21  8

投稿:匿名希望 2022年12月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合