忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

義士行列の小道具に「槍印」加えては

 2022年12月04日 
 赤穂義士の間喜兵衛が吉良邸討ち入り時に槍に付けていたと伝わる和歌短冊が子孫から赤穂大石神社に寄贈された記事(11月26日付け本紙)を受けて、播州赤穂観光ボランティアガイドの宮本昭光さん(79)=加里屋中洲=から「義士祭の義士行列でも間喜兵衛の槍に短冊を付けるとよいのでは」と提案があった。

間喜兵衛役で出演した2013年の赤穂義士祭で、逸話に基づき槍に和歌短冊を付けた宮本昭光さん=本人提供


 2012年から観光ボランティアとして活動する宮本さんは、その翌年の第110回赤穂義士祭に観光ガイド協会の推薦で義士行列に出演。役柄を理解しようと読んだ『義士銘々伝』で喜兵衛が槍印として短冊を付けて討ち入った逸話を知った。書道が上手な孫に頼んで短冊を用意。主催者の了解を得て槍に結んだ。観客からは気付かれなかったが、喜兵衛を偲びつつ行列を歩いたという。

 短冊が現存していることに感銘を受けた宮本さんは「ぜひ、義士行列でも間喜兵衛の小道具に槍印を加えてほしい。アナウンスで紹介しれもらえれば、観客も注目してくれるはず」と話す。

 記録によれば、討ち入りには間喜兵衛の他に冨森助右衛門と小野寺十内も槍印を付け、大石内蔵助は萱野三平の名前を記した短冊を槍に付けていたという。

 赤穂義士祭の義士行列では、内蔵助は陣太鼓を打ちながら行進するため槍を持たないが、間喜兵衛と冨森助右衛門、小野寺十内はそれぞれ小道具に槍を持つことになっている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年12月3日号(2486号) 3面 (10,427,489byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合