忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史子供
  3. 記事詳細

絵地図作りでわがまちに愛着 絵マップコン20年

 2022年11月12日 
 今年20回目を迎えた「あこう絵マップコンクール2022」の公開審査会が6日、中広の赤穂化成ハーモニーホールであり、52点から入賞作品が決定した。

20回目となった「あこう絵マップコンクール2022」の公開審査会の参加者とスタッフ


 コロナ禍はオンライン形式で公開審査会を行い、出品者を会場に集めて行ったのは3年ぶり。参加した子どもたちは緊張しながらも、それぞれの言葉で作品の意図や苦労した箇所などをアピールした。

 最優秀賞は古浜町の池渕翔月君(11)=塩屋小6年=の「ピクトグラムin赤穂〜ぼくのこだわりユニバーサルデザインマップ〜」。昨夏の東京五輪開会式で見たパフォーマンスでピクトグラムに興味を持ち、市内の主な公共施設や観光スポットなどで標識に表示されている図記号を地図上にまとめた。外国人や視覚障害者にも伝わるように英語表記と点字を加え、色彩的に見えやすい色づかいにも配慮した。

 池渕君は昨年に続き2年連続の最優秀賞。6学年上の兄・天翔さん(17)も第13回から2年連続で最優秀賞に輝いており、「自分も2回最優秀賞になってうれしい」と喜び、「ピクトグラムもユニバーサルデザインも人を思いやる気持ちで作られている。思いやりの心が増えればいいなと思います」と作品に込めた思いを話した。

2年連続で最優秀賞の池渕翔月君


 小学生以下を対象に手作りの絵地図作品を公募する同コンクールは、作品づくりを通してわがまちへの愛着を深めてもらおうと2003年に「西播磨地域づくり女性会議」が創設。第2回以降は市民有志の実行委が引き継いだ。これまでに国土交通大臣表彰、国土地理院感謝状、県知事賞などを受賞している。

 初回から実行委員長や事務局などで運営を担ってきた江端益子さん=尾崎=は「子どもたちの意欲に引っ張られて20年間コンクールを続けてくることができた」と振り返った。

 全国児童生徒地図優秀作品展に出品される最優秀賞と優秀賞は次のみなさん。

▽最優秀賞=池渕翔月(塩屋小6)
▽優秀賞=中谷拓夢(赤穂小4)
▽同=北村蒼空・北村一愛(高雄小3・赤穂特別支援学校4)
▽同=〈デテクティブシスターズ〉金田和佳奈・金田祐奈・金田知奈美(赤穂小3・同1・赤穂幼年中)
▽同=上山鈴捺(坂越小3)
▽同=〈M&Uダジャレーズ〉布施美祈・尾崎由依(塩屋小5)
▽同=柴原幸(塩屋小5)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月12日号(2483号) 1面 (6,868,142byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合