忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会子供
  3. 記事詳細

海から遠くへ「津波防災の日」前に避難訓練

 2022年11月03日 
 「津波防災の日」(11月5日)を前に兵庫県内の沿岸部18市町で2日、津波一斉避難訓練があり、赤穂市内でも市役所や学校園などで訓練が実施された。

園外への避難を訓練する園児たち


 上仮屋北の「赤穂あけぼの幼稚園」(濱口雅子園長、73人)では市の訓練放送を受け、職員たちが園児らに机の下に隠れるように呼び掛け。「ダンゴムシのポーズだよ」「机の脚をしっかり持って」などと指導した。園庭で点呼した後、北東約600メートルにある加里屋のプラット赤穂へ徒歩で避難。1・2歳児はカートに乗せて運んだ。

 同園から最寄りの指定緊急避難場所は南西約600メートルにある城西小学校だが、赤穂港に近づく方向に避難することになるため、関係機関と協議した結果、津波から遠ざかる方角に避難先を変更。この日の訓練には警察や消防団、自治会が交通誘導を支援した。

 濱口園長は「きょうの訓練で気付いたことを職員や関係機関と情報共有し、子どもたちの安全な避難に役立てたい」と話した。

 兵庫県が2014年に公表した「南海トラフ巨大地震被害想定」では、赤穂市で最悪の場合「死者484人、建物全壊405棟」と想定。死者の約93%は「津波からの逃げ遅れ」によるものと予測されている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月5日号(2482号) 4面 (12,241,566byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←猫好き(12/07)
  • 義士祭へ向け東映剣会が殺陣稽古←早いな…(12/07)
  • コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(2)餌やりさんのマナー←(12/03)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合