忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

個性豊か 名僧高僧の墨跡展

 2022年10月20日 
 「今年の漢字」を揮毫することでも知られる森清範(清水寺貫主)や時代劇「水戸黄門」「大岡越前」の題字も手掛けた朝比奈宗源(円覚寺派管長)など著名な僧侶の書を集めた収蔵品展「心和む 名僧高僧墨蹟展」が尾崎の「たでのはな美術館」で開かれている。

味わい深い書画が並ぶ収蔵品展「心和む 名僧高僧墨蹟展」


 「良慶節」と呼ばれる独特の説法で親しまれた大西良慶、臨済宗妙心寺派管長や花園大学名誉学長を歴任した山田無文、永平寺77世貫首の丹羽廉芳など11人の書画計38点。姫路市出身で東大寺長老を務めた清水公照、同市網干区の龍門寺住職の河野太通といった播磨ゆかりの人物の書もあり、漢詩や禅語を題材にした個性ある作品が並ぶ。

 普段は版画を展示している同美術館で墨蹟展は5年ぶり。今回の展示では前回には展示していなかったものを中心に構成したといい、館主の佐野正幸さん(82)は「味わい深い墨蹟の一つ一つをじっくりとみてほしい」と話している。

 11月15日(火)まで午前10時〜午後4時。水曜休館。入館料200円(小学生以下無料)。明神木バス停すぐ。Tel090・3496・4282。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年10月29日号(2481号) 3面 (7,751,332byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合