忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

ル・ポン開幕前会見 樫本さん「人生に残るコンサートに」

 2022年09月30日 
 10月2日開幕の「ル・ポン国際音楽祭2022」を前に30日、音楽監督を務める赤穂ゆかりのヴァイオリニスト、樫本大進さんが初日の会場となる中広の赤穂化成ハーモニーホールで共演者と記者会見。通算14回目となる音楽祭への意気込みを語った。

3年ぶりとなるル・ポン国際音楽祭を前に音楽監督の樫本大進さんらが意気込みを述べた記者会見


 2007年に始まった同音楽祭はコロナ禍で一昨年と昨年は行われず、演奏家が来日しての開催は3年ぶり。世界各国のアーティスト15人が赤穂と姫路の計6公演で演奏を披露する。

 会見で樫本さんは「3年ぶりにまた音楽をみなさんに届けることができる。ワクワクする気持ちと不安な気持ちと、いろんな気持ちが混ざっている」と心境を述べた。本公演のテーマを問われ、「リセット。今までの13回の経験があった上で元に戻る。ルーツを思い出すような、再出発の感覚」と説明した。

 会見にはヴァイオリンのナタリア・ロメイコさん、ピアノのエリック・ル・サージュさんら出演者も同席。クラリネットのポール・メイエさんは「コロナのパンデミック、ロシアのウクライナ侵攻がある中、ル・ポンに戻ってくることができてうれしい」と話し、ピアノのアレッシオ・バックスさんは「音楽祭が完璧に準備され、ボランティアもすばらしい」と裏方を含めた運営に謝意を示した。

 樫本さんは「ドキドキ感も緊張感もある。これからの人生でも残っていく、自分の中ですごく大切なコンサートになるんじゃないかと思っている」と本公演への思いを述べ、笑顔で写真撮影に応じた。

 事務局によると、全6公演のうち4公演はチケット(全席指定、1000円)が完売。10月3日(月)の赤穂公演(赤穂化成ハーモニーホール、午後6時半開演)と10月9日(日)の姫路公演(アクリエひめじ、午後6時開演)のみ、わずかに残席がある。チケットの問い合わせはTel43・5111。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合