忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会政治
  3. 記事詳細

《市長選2023》牟礼氏「4年後に次の方にバトン」

 2022年09月20日 
 次期市長選へ出馬する意向を正式表明した牟礼正稔市長(68)は20日、記者会見を開き、「4年後に次の方にバトンタッチできればと考えている」と述べた。

再選を目指して立候補する意思を正式表明したことを受け、記者会見を開いた牟礼正稔市長


 会見での主なやり取りは次のとおり。

ーー政党の推薦は受けるか
 「推薦をいただけるところがあれば視野に入れて検討するが、あくまでも無所属で今後も活動していきたい」

ーー1期目に点数をつけると?
 「なかなか難しいが、自分としては60点」

ーー「道半ば」との発言があったが、具体的に何を指すのか
 「農業振興と学校給食費無償化。それと、産業廃棄物最終処分場建設計画に対する対応が決着がついていない。また、ごみ焼却施設、新学校給食センターの建設もある」

ーー次の4年間で、どのような赤穂市にしたいか
 「子育てをしやすいまちづくり。給食費の無償化、不妊治療の導入、産後ケアの充実など環境づくりをして少子化対策につなげていきたい」

ーー学校給食費は完全無償化を目指すのか。財源はどのように確保するのか
 「完全無償化はぜひやりたい。子どもに投資することで好循環につなげていきたい。必要な財源は約1億5000万円を見込んでいる。ふるさと寄付金、ネーミングライツ、市営駐車場の有料化などで自主財源を確保できれば」

ーー1期目で市長の重責を一番感じたような出来事や財政の厳しさを改めて感じたことはあったか
 「新型コロナ感染症の対策が、何もわからない中で市民の健康と安全を守らないといけないというのは非常に重いものだと今でも感じている。財政の厳しさは学校給食費を議論する中で基金を取り崩さなければならない現実を職員から突きつけられ、それを無視して公約だからと舵を切れなかった」

ーー4年後には70歳を超えるが、2期目が最終との思いなのか、あるいはもっと長期的なスパンで考えているのか
 「次の4年間で、今のいろいろな課題はできる限り実現する、あるいは実現できなくても実現の目途をつけたい。財政基盤を充実させ、施策を展開し、市民が本当にいつまでも赤穂に住み続けたいと思ってもらえるようなまちづくりをして4年後に次の方にバトンタッチできればと考えている」
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合