忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

陶芸ノウハウ活かして「焼き芋」

 2022年09月10日 
 兵庫県伝統工芸品の「赤穂雲火焼」を展示する御崎の桃井ミュージアムのフードメニューに、新たに焼き芋が登場。陶芸のノウハウを活かして特製の窯でふかした絶妙の焼き上がりが自慢という。

長年の陶芸経験を活かしてじっくり焼き上げ、滑らかな舌触りと凝縮した甘みが自慢の「うんかの焼き芋」


 絹のようにしっとり滑らかな舌触りが特長の品種「シルクスイート」を約4時間半から5時間かけて練炭で蒸し焼き。小石の代わりに窯底に敷いた雲火焼の陶片による遠赤外線効果でじっくり熱を伝える。「蜜が皮の外に出ないよう、中に閉じ込めるように焼き上げるのがポイント」という。

 同ミュージアムに作品を出品している雲火焼作家の長棟州彦さん(75)=塩屋=が今年3月、高速道路のサービスエリアで焼き芋窯を見かけ、「自分でも作れるのでは」と発明好きの性分に火が付いた。中古のずんどう鍋をベースに独自の焼き窯を組み立て、何度も芋を焼いて試食。さまざまな燃料や焼き時間を試し、ようやく満足のいく結果が得られた。

 長棟さんは陶芸を始めた約40年前、ドラム缶で自作した窯で作品を焼成していたといい、どのように缶の中を熱が巡るか経験的に熟知。「そのときの経験が役に立った。なんべんも試食するから太ってもた。ガハハハ」と屈託なく笑いつつ、「桃井ミュージアムの名物メニューに」と意気込んでいる。

 「うんかの焼き芋」のメニュー名で1セット600円。冷やして食べる「アイス」と再加熱する「ホット」を選べる。運が良ければ釜から取り出したばかりの「焼きたて」(1本1000円)も注文できる。開館時間は午前9時〜午後4時(火曜休館)。館内で利用できる金券500円分(焼き芋にも利用可)を購入して入館する。TEL56・9933。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年9月10日号(2476号) 1面 (6,830,186byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合