忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《市民病院医療事故多発》多発と同時期にレベル基準改訂

 2022年08月27日 
 赤穂市民病院が2020年2月、医療安全対策実施要項を改訂し、医療事故とする範囲を従来よりも狭めていたことが同病院への取材でわかった。


 改訂のタイミングは同病院の脳神経外科で多発した医療事故を上層部が認知した時期と重なるが、病院は「集計システムの改修ができたことに合わせて改訂したもの」とし、相次いだ医療事故との関連を否定している。

 同病院が開示した資料によれば、要項改訂で医療事故とする基準を1段階引き上げて「レベル3b以上」に変更。改訂前は「医療事故」とされていた「レベル3a(事故により簡単な処置や治療の必要性が生じた場合)」は「ヒヤリ・ハット(インシデント)」に区分けられることになった。新基準は2か月後の4月から適用したという。

 同病院では医療事故を認めた8件以外にも脳神経外科で「手術後に経過が思わしくなかった」ケースが3件あり、病院によると、いずれも「レベル3a」に該当するという。

 病院はこれら3件について、今年3月の記者会見で一旦「医療事故」としながらも、3か月後の会見では「医療事故調査委員会で検証した結果、いずれも医療事故ではない」と判断を変更。「基本的には『事故により濃厚な処置や治療の必要性が生じた』場合(※レベル3b)を医療事故として、それより軽いものはいわゆるヒヤリ・ハットと言われるインシデントになる」(高尾雄二郎副院長兼医療安全推進室長)と新基準に基づく説明を行った。

 病院は「手術が行われた時点ではなく、医療事故かどうかを判断した時点(医療事故調査委員会を開いた今年2月と3月)で運用されている基準を適用した」(同課)とし、要項を改訂した理由については「以前から兵庫県の基準と合わせる予定だった。集計システムの改修がたまたまそのタイミングになっただけで、医療事故が起きたから変えたのではない」(医療課)としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年8月27日号(2474号) 1面 (6,501,674byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合