忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・活動にある学習4〜水彩画編〜

 2022年07月15日 
 今回は「水彩画」による学習について考えてみたいと思います。


 絵は基本的には「心のままに」と言われますが、特に水彩画は心のままに道具を使うと残念な出来栄えになってしまいがちです。私は幼少期に水彩画を描きに自転車で出かけることがありましたが、描きたい思いとは裏腹に、がっかりして帰ることが多々ありました。

 水彩画は、はじめに使い方を知って順序立てて描く練習を要します。色を重ねたりにじませたり、乾き具合の調整ができるようになることが絵の具を使いこなすことの技能となります。この技能を「描きたいイメージにいかに活かすか」ということになります。いわばプログラミング的思考。プログラミング的思考とは、その物事の動作や順序を理解し、効率的に意図した動作や結果を導くために論理的に考える力のことです。意外に思われるかもですが水彩画はこうした計画性を必要とします。

 とは言え実際は、白い画用紙に地平線を引き、空の色を水で溶いて筆でスーッと塗っていく心地よさ。途中でかすれて白い画用紙がのぞくと、雲として活かすことができると考える。水を足して塗ると薄くなり、心が澄むグラデーションの空に。海のいろは空の色? 本当かなとじっくり色に見入る。水面には風や波が変化を与えていてこの感じは筆跡で出せるかな、などと考える。その場その瞬間の気づき、見方、考え方がどんどん自分の中に増えていくといった面白さもあります。直感に従い手先がどんどん動くようになっていきます。

 経験を積んでいくと、作りたい色をパレットの汚れた色を混ぜてすぐに作ることができるようになり、直観力は向上していきます。それはとても不思議な感覚です。

 このように、水彩画はイメージ(目標)に向かい計画性と直観力を行き来しながら形にしていくので、自分で手ごたえを得ていく学習になります。

 自分を開拓していく面白さは水彩画でも見出すことは出来そうです。いつか機会があれば、やってみたい方ぜひご一緒に。(教育学部児童教育学科講師・金子美里)

 * * *

 次回からは尼子尚公・教職センター教授が担当します。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月16日号(2470号) 3面 (10,721,393byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合