忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

市民病院2021年度決算見込み 17年ぶり黒字見通し

 2022年06月24日 
 慢性的な財政難が課題となっている赤穂市民病院の2021年度決算見込みが17年ぶりに黒字となる見通しであることが23日の市議会定例会で明らかになった。

17年ぶりの黒字決算となる見込みの赤穂市民病院


 一般質問での寺谷進・病院事業管理者の答弁によると、21年度は入院、外来とも診療単価が上昇。入院収益で約2億2000万円、患者数も増加した外来収益で約3億1000万円の増収となり、合計で約5億3000万円の増収が見込まれるという。

 支出を差し引いた収支について、寺谷氏は「一般会計繰出金や(新型コロナ)休床補償など関連補助金の収入もあり、約4億8000万円の黒字決算となる見込み」との見通しを示した。

 また、今年度の目標として掲げる経営改善額3億5500万円についても「達成できるものと考えている」と自信を示した一方、「コロナの終息も未だ不透明なことから、引き続き患者数、収益の確保に一層努めていく」と気を引き締めた。

 同病院は2005年度以降、16年連続で赤字を計上。20年度の純損失は10億3500万円に上り、資金不足比率は起債発行に総務省の許可が必要となる10%を超えた。一時借入金の残高は20億円に達し、外部有識者による経営検討委員会がまとめた経営改善策をベースに現行の経営形態を維持した財政再建に今年度から取り組んでいる。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】市民病院経営改善検証委 今年度目標値を了承
【関連記事】市民病院の経営形態「現行が適当」検討委報告


掲載紙面(PDF):
2022年6月25日号(2467号) 1面 (6,786,535byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

今回はコロナ患者で国からの補助金?で利益は上がったが、そもそも16年連続で赤字だっあ背景を明らかにすべき。

0  1

投稿:赤穂君 2022年06月24日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合