忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

福祉向上に貢献「つつじ賞」など5個人7団体

 2022年06月10日 
 ボランティア活動などを通して住みよいまちづくりなどに貢献した個人、団体などに贈る「つつじ賞」「さくら賞」「ふくしの人」の受賞者が赤穂市からこのほど発表された。

 表彰式は6月11日(土)に中広の赤穂化成ハーモニーホールで行われる。各賞合わせて次の5個人7団体が受賞する。

〔つつじ賞〕
 ▽大河司さん(砂子)大河優さん(坂越)上鍵正市さん(朝日町)森口和彦さん(坂越)=2021年11月10日、坂越沖で手漕ぎボートで釣りをしていた最中に遭難した71歳男性を警察・消防と合同で現場海域の捜索にあたり、半島の岩場で発見し、早期の救助に貢献した。

〔さくら賞〕
 ▽大町自治会防犯パトロール隊(勝田三好代表)=児童登下校時の安全確保のため、2006年4月より毎日、自治会地域内の危険箇所に立ち、交通安全指導を行うとともに、警察や民生委員などと協働で地域の安全・防災意識の向上に貢献している。

 ▽手作り文化伝承の会(松本一郎代表)=2003年より赤穂義士祭など各祭りで草履、わらじ、しめ縄の作品提供を行うとともに、会内で実技講演会を実施し、技術向上に努めるなど、作品提供と技術指導を通して伝統文化の伝承に貢献している。

 ▽赤穂青年会議所=加里屋川清掃活動「元気いっぱい加里屋川!」イベントを2009年度から復活させ、11年度からは加里屋川ふるさとの川整備連絡協議会など各種団体と河川清掃活動を拡大実施するなど、河川愛護活動に貢献している。

 ▽TOTOバスクリエイト株式会社、株式会社横山サポートテック=赤穂青年会議所主催の加里屋川清掃活動「元気いっぱい加里屋川!」イベントの復活に協力し、2011年度から加里屋川ふるさとの川整備連絡協議会など各種団体と河川清掃活動を拡大実施するなど、河川愛護活動に貢献している。

〔ふくしの人〕
 ▽岩弘之さん=赤穂ボランティア協会が設立された1982年から協会に所属し、障がい者支援や高齢者の在宅福祉サービスのボランティアグループで長年活動。副会長、監事などで活動運営を支えている。

 ▽寄居家和(奥吉昌子代表)=2012年1月に設立されたふれあい・いきいきサロン。お花見、お月見などの季節の催しのほか、みんなでお出かけするなど主に高齢者の閉じこもり防止に力を入れて毎月開催されている。

 ▽MOAひまわり会(東條正輝代表)=2004年7月に発足したボランティアグループで、07年8月にボランティアセンターに登録。会員15人で幼稚園、小・中学校や総合福祉会館などで花の生け込みをしている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月11日号(2465号) 3面 (12,599,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合