忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. スポーツ
  3. 記事詳細

西日本実業団マスターズ2位 全日本大会へ

 2022年06月10日 
 空手道の全日本実業団選手権大会(9月11日)の予選を兼ねた西日本地区大会で、赤穂拳義館の入潮賢和(けんわ)さん(54)=元沖町=がマスターズ男子組手で準優勝。全日本大会への初出場を決めた。

全日本実業団空手道選手権への出場を決めた入潮賢和さん


 西日本大会は5月22日、全日本大会が行われる尼崎市のベイコム総合体育館であり、50〜59歳が競うマスターズ男子組手には20人が出場した。1、2回戦を勝ち上がった入潮さんは準決勝で、前週の県選手権で敗北を喫した兵庫県警空手道部の選手と対戦。互いに譲らない激しい打ち合いの末、雪辱した。決勝は敗れたが全日本大会への出場権を獲得した。

 拳義館で師範の父・定夫さん(80)の影響で小学生低学年から空手を始めた。学校に空手道部がなかった中学、高校時代も道場で稽古。社会人になり、後進の指導に軸足を移した30代中盤以降は大会から離れていたが、「ワールドマスターズゲームズ2021関西」への出場に向けて昨年約20年ぶりに現役復帰。若手の指導者が育ち、自分の稽古時間が取りやすくなったことと、傘寿になっても大会にエントリーしている父の姿に刺激を受けた。

 昨年は試合ですぐに息が上がったが、少しずつ体力や試合勘が戻ってきているという。「全国大会も、しっかり前へ出て先に攻める自分の空手をしたい」と拳を握った。

 * * *

 全日本大会の出場資格について「2位以上に与えられる」としていましたが、正しくありませんでした。記事を修正しました。(2022年6月10日18時15分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年6月11日号(2465号) 4面 (12,599,577byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合