忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

市内で映画ロケ 市民延べ100人がエキストラ

 2022年04月13日 
赤穂市内各所でロケが行われた映画「朝陽が僕らに微笑んだ」の撮影の様子
 今夏公開予定の映画「朝陽が僕らに微笑んだ」のロケが赤穂市内でこのほどあり、御崎の赤穂海浜公園や加里屋の井筒書店などで撮影を行った。

 芸能プロダクション「モナ・コンセプト」とMBS企画の共同制作。島で生まれ育った若者たちが、市町合併問題に揺れる故郷を守ろうと立ち上がり行動する中、自分の夢や進むべき道を見出していくストーリー。同プロダクションに所属するモデルたちがキャストで出演する。

 赤穂での撮影は4月8日から10日まで3日間あり、播州赤穂フィルムコミッションの協力でJR播州赤穂駅前や加里屋まちづくり会館、坂越ふるさと海岸など11か所で行われた。エキストラとして市民延べ約100人が出演。関係者によれば、「作品全体の約2割は赤穂で撮影した場面になる見込み」だという。

 原作・脚本も手掛けた亀井弘明監督(52)=MBS企画=は7年前に別の作品の撮影で訪れた赤穂を気に入り、今作のロケ地に選んだという。「観た人が元気になれる作品。赤穂で撮影したシーンも多く登場するので楽しみにしてほしい」と話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年4月29日号(2460号) 4面 (10,585,646byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←あこう(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←赤穂市民(06/30)
  • 《市民病院連続医療事故》「患者と家族、市民におわび」←市民(06/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合