忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会ボランティア
  3. 記事詳細

千種川水生生物調査 種類数は前年から2割増

 2022年03月25日 
水生生物調査報告書『千種川の生態 第49集』の表紙
 千種川流域のライオンズクラブ(LC)が同川で昨秋実施した水生生物調査の報告書『千種川の生態 第49集』がこのほどまとまり、流域全体で前回調査の約2割多い452種の水生生物が採集された。

 1973年から年1回続く調査。昨年8月から10月にかけて、宍粟から赤穂まで5市町の計46地点で延べ257人が参加した。

 集計によると、採集した個体総数は3296匹で前回の4232匹から22%減少した一方、種類数は前回の378種から増えた。1地点平均では個体数は71・7匹(前回96・2匹)、種類数は9・8種(前回6・5種)だった。

 採集された水生生物に基づく4階級の水質判定では、17地点が「1」(きれい)、25地点が「2」(少しきたない)と判定。「3」(きたない)や「4」(大変きたない)と判定された地点はなかった。

 赤穂市内6地点(有年橋、北畠、高雄、下高野、加里屋川、大津川)はいずれも前回と変わらず「2」と判定されたものの、きれいな水質を好むカワゲラやプラナリアが多数採集されたという。 調査に協力した「千種川圏域清流づくり委員会」の横山正さんは「これが一時的な現象か、良好な環境に向かっている結果なのか継続して注目したい」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月26日号(2456号) 2面 (5,624,481byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「目指すは金賞」マーチングバンド全国大会へ←同級生(12/02)
  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合