忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

有年地区に就労支援B型 今春開所へ

 2022年03月19日 
「温かく包み込むような居心地の良い場所を創っていきたい」と話す「komorebi」のみなさん
 障がいのある人が日中に通い仕事をする場を赤穂市北部で提供しようと、市内7か所目となる就労継続支援B型事業所の開設準備が有年楢原で進められている。

 今春オープンを目指し、スタッフらは「利用者のみなさんに『明日もまた来たい』と思ってもらえる居場所にしたい」と意気込んでいる。

 JR有年駅から西へ約1キロで、一昨年6月末まで赤穂精華園のケアホームとB型事業所だった鉄筋コンクリート造と木造の2階建て建物2棟と土地を兵庫県社会福祉事業団から譲り受けた。広い芝生広場を活かして畑を整備し、希少野菜と花などを栽培して加工販売したり、メダカの養殖・販売などに取り組む計画だ。

 利用定員20人で月曜〜金曜の午前9時〜午後3時半にサービスを提供する。建物は元々、高周波熱錬の社員寮だった施設。数多くある個室を相談室や休憩室に活用し、必要な利用者には一人で落ち着いて作業したり、休んだりできる環境を整える。将来的にはグループホームの併設を目指すという。

 施設名称は「komorebiわーく」。代表理事の前田智子さん(67)=周世=は「木洩れ日のように穏やかに温かく包み込むような居心地の良い場所を創っていきたい」との思いを込めたと話す。当面はスタッフ10人で運営する予定で、ほとんどが介護福祉士や介護ヘルパーなどの資格を持ち、障がい者福祉に携わった経験者だという。

 前田さんによると、赤穂精華園のB型事業所が閉鎖されて以降、市内の高雄地区以北には障がいのある人が通える事業所がないという。理事の佐藤正明さん(74)=朝日町=は高周波熱錬の元工場長で、独身時代の3年間、社員寮で暮らした。「自分にとっては思い出深い建物。取り壊されず、世の中の役に立つことがうれしい」と話す。

 「日中は敷地内の広場を地域の憩いの場として開放し、いずれは交流イベントも開きたい」と前田さん。「地域のみなさんに支えられながら、ゆったりとした障がい者支援を行っていきたい」と展望している。

 就労継続支援B型事業所は、一般企業への就職に不安や困難がある障がい者に軽作業などの就労訓練を提供し、工賃を支払う福祉サービス施設。利用についての問い合わせは一般社団法人「komorebi」TEL090・1967・4798(前田さん)。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 1面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 有年地区 ]  [ 社会 ]


コメント

施設の修繕や作業に必要な備品の購入のためのクラウドファンディングが始まりましたね。応援したいです。

1  1

投稿:たんぽぽ 2022年06月06日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警