忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

中央義士会の新役員 花岳寺と大石神社参拝

 2022年03月17日 
中央義士会の柿崎輝彦理事長=左から3人目=、常務理事に就任した松根大地・泉岳寺住持=右から3人目=をはじめ新役員のみなさん
 元禄赤穂事件の研究機関「中央義士会」が新理事長をこのほど選出。新役員が17日に来穂し、花岳寺と赤穂大石神社を参拝。赤穂市役所を表敬訪問した。

 昨年5月に前理事長が退任して以降、理事長職が空席となっていたが、今月6日の理事会で『忠臣蔵の起源』の著書がある柿崎輝彦氏(63)=横浜市港北区=を理事長に選出。常務理事に泉岳寺の松根大地住持(46)を迎え、義士木像館のある同寺講堂を同会本部とすることが決まった。

 同会は1908年(明治41)に九州日報社長の福本日南(1857―1921)が福岡で開いた第1回義士会を契機に創始。1916年(大正5)に現在の名称で団体を設立した。渡辺世祐、井筒調策、佐佐木杜太郎といった歴代の赤穂義士研究者らが在籍。赤穂義士会など全国9団体が加盟する「全国義士会連合会」の事務局も兼ねている。

 柿崎氏は「創立から115年の歴史と伝統を継承しつつ、『新生・中央義士会』として次の100年、200年続くように会を再構築したい」と抱負を話した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年3月19日号(2455号) 3面 (10,554,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「仕事のやりがい伝えたい」自動車整備の体験授業←クローバー(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←おじさん(10/05)
  • 「ピースロード」正副議長も出席 市議が依頼←とんび(10/04)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合