忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

2019年度赤穂市GDP 2年ぶりプラス

 2022年02月26日 
 兵庫県がこのほど公表した2019年度市町民経済計算で、赤穂市の市内総生産(名目GDP)は推計2635億7200万円となり、前年度から1・1%増加した。一人当たり所得は279万4000円で、1・0%減少した。

 市町民経済計算は県下全体の総生産を一定の方法で市町別に按分して算出した推計データ。

 推計によると、赤穂市の生産額は、第1次産業(農業、林業、水産業)23億1700万円(前年度比19・4%減)と輸入関税16億100万円(16・9%減)が減少した一方、第2次産業(製造業、建設業など)1259億8000万円(2・1%増)と第3次産業(卸売・小売業、職掃く・飲食サービス業など)1336億7400万円(0・8%増)は増加し、トータルでは27億6500万円増えた。

 県全体のGDPは22兆1952億円(0・2%増)。西播磨地域は1兆905億円(0・8%減)で、同地域の4市3町で赤穂市だけがプラス成長となった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月26日号(2452号) 1面 (4,592,109byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報(08/14)
  • 牟礼氏が市政報告会「今後も市政運営したい」←赤穂民報様(08/14)
  • 重症化リスク低い2〜59歳の有症状者に抗原検査キット←市民(08/14)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合