忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

灯台そばにグランピング施設 初夏オープン予定

 2022年02月26日 
 御崎の三崎山で、かつて企業の保養所だった老朽化施設を再生する取り組みが行われている。グランピングとワーケーション施設としてオープンを目指している。

 赤穂御埼灯台南側の高台にある鉄筋コンクリート造り2階建て(延床面積約500平方メートル)を福崎町の新日本製麺が購入。昨年12月下旬にリノベーションに着工した。国の事業再構築補助金を活用して1億円を超える事業費を投資し、ワーケーション向けの客室とカフェを整備。夕日が見える敷地内にグランピング用のドームテント8棟と屋外サウナを設置する計画だ。

 当初は今春の開業を予定したが、設備の納期などの関係で「5月中旬から6月初めごろ」のオープンとなる見込み。正社員とパート、アルバイトの計10人程度を新規雇用する予定という。

 食事には赤穂特産の牡蠣を焼く海鮮バーベキューのほか自社製品を使ったメニューも提供する予定。同社は1974年創業の製麺会社で赤穂市内の飲食店にも製品を販売している。牛尾周平社長(43)は「自社ブランドを展開していく足がかりにしたい」と意気込み、「自然の中でリフレッシュしてもらえる施設を目指し、地域の活性化にも役立ちたい」と抱負を話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月26日号(2452号) 2面 (4,592,109byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

なんか楽しいそうです!市民の夕べが消えると聞いて、赤穂の観光に暗雲でしたが、活性化されるといいですね!

15  2

投稿:どんなのかなー 2022年02月26日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合