忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

高齢者大学のエッセイ同人誌50号に

 2022年02月16日 
同人誌『ペンの散歩みち』の刊行が50号を超えた高齢者大学城西校エッセイ部のみなさん
 赤穂市高齢者大学城西校のエッセイ部が年3回刊行する同人誌『ペンの散歩みち』が通巻50号に達した。会員らは「これからも書く楽しみを続けたい」と話し、先月には51号を発行した。

 同部は1999年に城西校のカレッジと学園生の有志5人で発足。現在の会員数は9人で毎月第1月曜日の午後1時から城西公民館で活動している。

 当初は各自の作品を持ち寄って互いに感想や批評を述べ合うのみだったが、「後に残るものになるように」と2004年から簡易製本の冊子(A5判)にまとめるようになった。1人1本ずつ原稿を集め、1月と5月、9月に刊行。40部つくって市立図書館や公民館などに配布しているという。

 テーマや文字数に制約はなく、身の回りの出来事や時事問題、過去の回想などを題材に自由に随筆する。節目の50号も、亡母の思い出をつづった「無償の愛」、帰省した息子家族と普通に会えないコロナ禍のストレスを述懐した「『帰りたい、帰れない』」、海上保安官としての経験談を書いた「昔日の南部十四年式」など多彩な作品が集まった。巻頭には創刊号以降の表紙写真を一挙掲載。会員たちにとって感慨深い記念の一冊となった。

 創刊した年から在籍して16年になる部長の亀谷侑玄(ゆうげん)=本名・弘=さん(86)は「16年と言えば長いようだが、すべてが昨日の出来事のよう」と振り返った。城西地区以外からの入部も可能で、「興味がある方は一度見学に来てもらえれば」と話している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年2月19日号(2451号) 4面 (11,644,086byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←K(06/25)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←赤穂民報(06/24)
  • 《市民病院連続医療事故》市長と病院幹部が会見へ「早急に市民への説明責任果たす」←匿名(06/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合